インプラント治療の流れ

しっかりと噛める歯が手に入るまで

1.初診(手術に必要な資料を集める)

まず、現在のお口の中の状態を問診により確認します。その後、CTによる撮影で顎の骨や歯、歯ぐきの確認、歯型採り、口腔内の写真撮影を行い、手術に向けての準備を行います(約1時間)。

CT

2.診査・診断・説明

インプラント治療についてご説明します。シンプラントを使用して治療法や費用や期間をご説明し、あわせて患者様の要望やお悩みを伺います。場合によっては、患者様のお口の状態に合わせた完成模型(セットアップ)を作ります(約30分~1時間)。

診査・診断・説明

3.ステントの型採り

手術の確認のために使用される「ステント」という透明樹脂のマウスピースの歯型を採ります
(約10分)。後日、でき上がったステントをはめ、CT撮影を行います(約10分)。

4.1次手術

歯ぐきを切開し、失った歯の部分の顎の骨に穴をあけ、インプラントを埋入します。ご希望により静脈内鎮静法を採用する場合もあります(約30分~2時間)。

1次手術

5.治癒期間

インプラントと顎の骨が結合するのを待ちます(通常下顎2.5ヶ月、上顎5ヶ月程度)。

6.2次手術

治癒期間後、インプラント上面の頭出しをするために再度歯ぐきを切開し、上部構造を取り付けるためのアバットメントを連結します。その後型採りを行い、仮歯を取り付けます(約30分~1時間)。

7.治癒期間

歯ぐきが治癒するのを待ち、上部構造(人工歯)を作製します。

8.上部構造装着

歯ぐきが完全に治癒したら、上部構造を取り付けて完了です。

9.メインテナンス

メインテナンス次第で長期にわたり使用できるため、3~6ヶ月に1度、定期的に検診を受けていただきます(定期検診受診の方には保証をお付けしています)。また、ご自宅でのブラッシングもしっかりと行いましょう。当院には歯科衛生士が常駐していますので、お口の中で気になることがあれば、お早めにいつでもご相談ください。

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンの必要性

高い技術力が求められ、一般的な歯科治療と比較すると費用も高額になるインプラント。現在通われている歯科医院で、治療方法などについての疑問や不安などがある場合は、セカンドオピニオンを受けてみるのも選択肢のひとつです。

セカンドオピニオンの必要性

セカンドオピニオンとは、現在受けている診療について、ほかの医師の意見や見解を求めること。客観的、多角的な意見を踏まえることで、抱えていた不安材料が取り除かれ、治療の選択肢も広がる可能性があります。後悔しないためにも、その治療のメリットやデメリットを理解したうえで、患者様が納得して、自分に合った治療を選択できるようにするための重要な手段なのです。

セカンドオピニオンの流れ

1.予約

まずはお電話(078-708-4180)で、お気軽にご予約ください。その際に、セカンドオピニオンを希望される旨と、相談されたいお悩みや不安をスタッフにお伝えください。

2.カウンセリング

患者様のお話を詳しくお伺いすることが、セカンドオピニオンの基本です。現在、患者様が抱いている治療への不安や疑問点、お考えなどを詳しくお聞かせください。カウンセリングルームを完備しておりますので、人目を気にせず、じっくりとお話をお伺いすることが可能です。
現在通われている歯科医院から預かった意見書やレントゲン、CT画像などがありましたら、ご持参ください。

3.説明・治療の案内

ご希望により診察や検査を行ったうえで、客観的な立場からの見解をお伝えします。また、当院での診断に基づく治療法をご提案する場合もあります。
セカンドオピニオンの目的は、患者様が納得して、自分に合った治療法を選択できるようにお手伝いすることです。せっかくのセカンドオピニオンですので、些細なことでも何なりとご質問ください。

静脈鎮静法

静脈鎮静法とは

静脈鎮静法とは、腕の静脈に点滴をして鎮静剤を注入する方法です。点滴して数分後にお薬が効いて眠くなります。意識はありますが、不安や緊張が和らいだストレスのない状態で、痛みを感じることなく治療を受けることができます。

静脈内鎮静法とは

インプラント治療の痛みは、一般的に親知らず手術の1/3程度といわれますが、当院では治療に恐怖心がある、痛みを抑えたいという方には、静脈内鎮静法を用いています。鎮静剤には、痛み止めや抗生物質などが含まれているので、痛みだけでなく腫れや炎症などを抑えることも可能です

当院では、基本的に無料で静脈鎮静法を提供しておりますが、高血圧などの内科的疾患がある場合は、専門の麻酔医を呼んでの施術となりますので約5万円の費用がかかります。

静脈鎮静法

静脈鎮静法の適応症状

  • ◆ 歯科治療に対する不安や恐怖心が強い方
  • ◆ 歯科治療中に脳貧血を起こしたことのある方
  • ◆ 歯科治療中に気分が悪くなったり、おう吐反射が強い方
  • ◆ 心血管系の合併症があり、循環の安定を望まれる方

静脈鎮静法と全身麻酔の違い

  静脈鎮静法 全身麻酔
意識 あり なし
会話 できる できない
術中の記憶 なし なし
行動 できる できない

お問い合わせ・ご相談はこちら