顎の骨が少ないと診断を受けた方へ

顎の骨が少ない方でもインプラントを可能にする方法

インプラント治療を受けるにあたって、「顎の骨の量が足りなくて治療できない」と診断されることがあります。インプラントを顎の骨に埋め込むために、骨の量が少ないと、結合が難しくなるおそれがあるからです。

当院では、本物の歯に近い見た目・機能を取り戻し、毎日をこれまでどおり快適に過ごしたいという願いに応える、インプラント治療を可能にする再生療法、ショートインプラントを用いた治療をご提案しています。

顎の骨の再生を促す「再生療法」

サイナスリフト

上顎の骨の造成方法。厚みが5mm以下の上顎の骨に適用されます。上顎の中にある「サイナス」と呼ばれる空洞に、歯ぐきを切開して骨補填材を挿入し、骨の造成を促します。

ソケットリフト

上顎の骨の造成方法。厚みが5mm以上の上顎の骨に適用されます。歯ぐきの切開をすることなく、上顎の中にある「サイナス」と呼ばれる空洞に直接骨補填材を挿入して骨補填材ごとサイナスを押し上げ、骨の量を増やします。

GBR法

骨を造成させたい部分の歯ぐきをめくり、「メンブレン」という人工膜を設置。メンブレンで余分な歯ぐきの侵入を防ぎ、骨の造成を促します。増やす骨の量が少ない場合には、インプラントの埋入と同時に行うこともあります。

顎の骨の量が足りない方におすすめ「ショートインプラント」

ショートインプラント

通常のインプラントより短いインプラントです。短いため、骨の造成をせずに埋入できます。骨造成手術が回避できるため、手術による感染リスクも減り、精神や身体的不安も解消され、さらには経済的負担も軽減します。

お問い合わせ・ご相談はこちら