インプラントの種類と特徴

さまざまなインプラント

失ってしまった歯を補う治療法の一つである「インプラント」。失った歯の部分の顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上からセラミックスでできた人工歯を被せる治療法です。本物の歯とほとんど変わらない見た目と、安定した噛み心地が取り戻せます。

入れ歯やブリッジと違い周りの歯を傷付けることなく、お手入れもご家庭での丁寧なブラッシングと定期検診だけ。メインテナンス次第では、長期にわたって使用可能です。

インプラント治療は手術を必要とするため不安な点もあるかと思いますが、当院では最先端の技術と最新の設備機器を導入し、安全な治療を行っています。お気軽にご相談ください。

インプラントの構造

インプラントは、「インプラント体」と呼ばれるチタン製のフィクスチャーと、上部構造を取り付けるための連結器具である「アバットメント」、そして上部構造となるセラミックスの人工歯の3つのパーツで構成されています。

インプラントが選ばれる理由

美しい見た目

上部構造である人工歯の部分にセラミックスが使用され、残っている歯と同じような色調や透明感を再現することが可能。本物の歯と見間違えるほどの美しい見た目が実現します。

安定した噛み心地

人工歯根として使われるインプラント体にはチタンを使用。チタンには骨と結合する性質があり、埋め込んだ部分の顎の骨と強固に結合します。固定されたインプラントは、ズレたり外れたりすることがなく、しっかり噛めます。

お手入れが簡単

ご家庭でのお手入れは、普段のブラッシングのみ。ただし、インプラント自体は虫歯になりませんが磨き残しなどでプラークがたまれば「インプラント歯周炎」という歯周病と同様の病気になることがあるため、定期的な検診も欠かせません。

お問い合わせ・ご相談はこちら