メインテナンスの重要性

インプラント治療後のメインテナンスは欠かせません

本物の歯に近い見た目や噛む機能を回復できる、優れた補綴治療「インプラント」。治療後は、これまでと変わらないほど食事や会話が楽しめます。また、人工歯は人工モノなので虫歯になることがありません。ただ、「インプラント歯周炎」になる可能性があります。

インプラント歯周炎とは

歯周病と同じように、歯の根元にプラークがたまり、固まって歯石になってこびり付くことで、歯ぐきに炎症を起こして顎の骨を溶かしてしまう、インプラントまわりに起こるおそろしい病気です。初期段階では自覚症状に乏しいため(インプラントは人工モノのため通常よりも症状が出にくく、いつの間にかインプラント歯周炎になっていることがよくあります)、数年後には気付いたら歯(インプラント)がグラグラしだし、せっかく入れたインプラントが抜け落ちてしまうこともあります。

インプラント治療後はメインテナンスのはじまり

虫歯にならないという安心感により毎日のブラッシングを怠ったり、定期検診での専門的なクリーニングなどのメインテナンスを軽視したりしてしまうと、インプラント歯周炎のリスクは増すばかり……。しかし、毎食後のブラッシングはもちろん、メインテナンスをしっかりと行っていれば、インプラントは長期にわたって使用できます。毎日のブラッシングはプラークを取り除くという、定期検診での専門的なクリーニングなどはセルフケアで除去できないプラークや歯石を一掃するという大切な役割を持っているのです。

当院では常駐の歯科衛生士が患者様のお口をしっかりと守っています。また、インプラント保証も設けており、定期検診を受けていただいている患者様を対象に、インプラント体(人工歯根)に対し、10年という保証期間を設けています。
※上部構造(被せ物)に関しましては含まれません。

インプラント歯周炎にならないように、長期にわたっての自分の歯と同じように機能するインプラントを保つためにも、メインテナンスに取り組みましょう。

お問い合わせ・ご相談はこちら