インプラントにおける歯周病治療の重要性

インプラントと歯周病治療のつながり

インプラント治療を行う際、事前に歯周病治療を行うことが重要です。

歯周病とは、日本人が歯を失う最大の原因といわれるおそろしい病気。歯ぐきに炎症が起き、歯を支える顎の骨が溶け、放っておくと最悪の場合には歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病は、放っておくと口腔内に広まってしまう感染症。歯周病の原因であるプラークをしっかり除去する歯周病治療をしてインプラント治療に臨まないと、歯周病になってご自分の歯をさらに失ってしまうだけでなく、せっかく入れたインプラントがすぐ抜け落ちてしまうことがあるのです。

歯周病の特徴としてあるのが、初期段階では自覚症状に乏しいこと。痛みなどなく進行するため、気付いたときにはかなり進行しているということがよくあります。気付いていなくても感染していることがありますので、歯周病を予防する意味でも治療は大切。当院では基本的に、インプラント治療の前には歯周病治療を行っています。

さまざまな歯周病治療

スケーリング ブラッシングでは取りきれないプラークや歯石を「スケーラー」という専用の器具を使い取り除きます。
ルートプレーニング スケーリングを行ったあと、さらに歯周ポケット奥深くにある付着物を除去し、同時に歯の表面をなめらかに仕上げる処置。ツルツルになった表面にはプラークが付着しにくくなります。
フラップ手術 歯周病に感染した歯ぐきを切開し、歯周ポケット内のプラークや歯石を除去します。

【全身と歯周病のつながり】

【全身と歯周病のつながり】

歯周病はお口の中だけの病気と思われがちですが、実はそうではありません。歯周病菌が歯ぐきの毛細血管を通じて、全身に広がり、糖尿病や心筋梗塞、脳梗塞といった全身疾患に、妊娠中の場合は早産になってしまうおそれがあるのです。全身への悪影響を防ぐ意味でも、歯周病治療を行いましょう。

お問い合わせ・ご相談はこちら